全国懸け、盤上の熱戦 いわきで福島県シニア将棋名人戦

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
盤上で熱戦を繰り広げる出場者

 アマ将棋の第26回全国シニア名人戦県大会が9日、いわき市のホテル花天で始まった。初日は全国大会への出場権が懸かる名人戦の部と、三段位免状獲得戦となる一般戦の部の予選が行われ、最終日の10日に行われる本戦への出場者が決まった。

 日本将棋連盟県支部連合会、福島民友新聞社の主催、同連盟いわき棋友会支部の主管。満60歳以上のアマ棋士が出場。名人戦の部の23人、一般戦の部の19人が予選リーグに臨み、盤上で熱戦を繰り広げた。

 名人戦の優勝者は4月19~21日に東京都のKFCホールで開かれる東地区大会に県代表として出場する。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

【 選挙速報 】第25回参議院議員選挙・福島選挙区