鈴木さん名人戦V、一般戦は猪狩さん シニア名人戦福島県大会

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
名人戦の部で優勝した鈴木さん(中央)と準優勝の吉田さん(左)、3位の湯田さん

 将棋の第26回全国シニア名人戦県大会最終日は10日、いわき市のホテル花天で本戦トーナメントが行われた。名人戦の部で鈴木武一さん(73)=郡山支部=が2年ぶり4度目の優勝を飾り、一般戦の部では猪狩哲夫さん(63)=いわき棋友会支部=が初優勝した。

 60歳以上が対象で名人戦の部に22人、一般戦の部に19人が出場。予選リーグと決勝トーナメントで争った。鈴木さんは4月19~21日に東京都墨田区のKFCホールで開かれる東地区大会の出場権を獲得、猪狩さんには三段位が与えられる。

 鈴木さんは「苦しい戦いだったが、粘り強くできた。東地区大会も勝負を諦めず頑張りたい」と喜んだ。猪狩さんは「前回は準優勝だったのでうれしい。来年は名人戦の部で戦えるように腕を磨きたい」と話した。

 大会は日本将棋連盟県支部連合会、福島民友新聞社の主催、日本将棋連盟いわき棋友会支部の主管、読売新聞東京本社福島支局、福島中央テレビの後援。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

【 参院選ニュース一覧 】 福島選挙区に「3人」立候補