白河高初!佐川さんが北海道大医学部合格 病気と闘う人の力に

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
「病気と闘う人の力になりたい」と話す佐川さん

 白河高3年の佐川航太さん(18)が北海道大医学部に同校で初めて合格し「国内をはじめ、海外で病気と闘う人の力になりたい」と意気込んでいる。

 医師を志すきっかけは、母親から病弱だった自身の幼少期を聞かされたことだった。小学4年時の東日本大震災では、テレビで悲惨な状況を目の当たりにし、避難などによって病気で亡くなる人がいる現実を知った。「人の手で救えた命がある」。医師への思いが強くなった。

 「地元の高校から夢を実現したい」と同校理数科に入学。1年時は部活と両立を試みたが目標実現のためにと退部し、猛勉強を続けた。担任の松倉政光教諭は「何事も一生懸命で負けず嫌いな性格。悩んだ時もあったがよく頑張った」と教え子の合格に目を細め、田中誠校長は「白河高で学んでくれてありがとう」とねぎらった。切磋琢磨(せっさたくま)するライバルの存在もあり、合格をつかんだ佐川さん。

 「合格はあくまで通過点。医学の分野を調べ尽くしたい」と勉学への意欲を燃やし「患者さんの話を丁寧に聞き、寄り添う医者になりたい」と北の大地を見据えた。