福島レッドホープス『必勝祈願』 開成山大神宮、新シーズンへ

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
玉串をささげる(手前から)星野GM・総合コーチ、岩村監督、奈良主将

 プロ野球独立リーグ、ルートインBCリーグの福島レッドホープスは10日、郡山市の開成山大神宮で必勝祈願を行い、新シーズンへ気を引き締めた。

 岩村明憲監督や選手ら約40人が参加し、岩村監督、星野おさむGM・総合コーチ、奈良雄飛主将が玉串をささげた。

 岩村監督は「1年目以来、地区優勝から遠ざかっている悔しさを晴らしたい」、奈良主将は「チーム力を高め優勝を目指したい」と意気込みを語った。チームは11~20日に静岡県富士市でキャンプを行い、4月6日に開幕するリーグ戦に備える。

 ホーム開幕戦は同13日に郡山市のヨーク開成山スタジアムで行われ、栃木ゴールデンブレーブスと対戦する。午後1時30分開始予定。