東京電力・小早川社長「安全に終わりない」 第1原発状況指摘

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 東京電力の小早川智明社長は11日、大熊町の福島第1原発新事務本館で訓示し「東電の原点は福島ということを共有し、いま一度、原発事故を振り返り、安全には終わりがないこと、日々の安全を高めていくことを社員全員で誓いたい」と述べた。

 黙とう後に訓示した小早川氏は第1原発の状況について「社員や協力企業の懸命な努力でようやく安定的な状況を確保することができた」と指摘した。

 ただ、3号機の使用済み核燃料搬出を巡る機器トラブルや柏崎刈羽原発構内でのケーブル火災などに触れ、「正しい情報が伝わる業務設計ができておらず、経営側の責任でもある」と述べ、「『伝える』から『伝わる』ところまで全社のコミュニケーション能力を進化させていこう」と語った。

 福島復興本社の大倉誠代表も訓示した。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

【 参院選ニュース一覧 】 福島選挙区に「3人」立候補