規制委員長「疑問に声上げる義務」 原発事故の反省と教訓原点

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 東日本大震災と東京電力福島第1原発事故から8年となった11日、原子力規制委員会の更田(ふけた)豊志委員長は、東京都内の原子力規制庁で職員約330人に訓示し「事故に対する反省と教訓は規制委、規制庁の原点だ。疑問やおかしいと思ったことには声を上げる義務がある」と述べた。

 第1原発事故を検証した国会事故調査委員会は報告書で、当時の規制当局が東電の「とりこ」だったと批判。経済産業省から原子力安全・保安院を分離するなどして規制委と規制庁が2012年9月に発足した。

 第1原発の廃炉については「困難な廃炉作業の規制と地域のモニタリングとが重要な責務だ」と指摘。第1原発で、汚染水を浄化処理しても放射性物質トリチウムを除去できない水の貯蔵量が増え続ける難題に関しては「東電が当事者としての判断、見解を示すべきだと考えている」と話した。