窪木一茂選手らとサイクリング 鮫川と古殿、阿武隈の自然楽しむ

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
大久保選手(左)、窪木選手(左から2人目)を先頭に出発する参加者

 あぶくまサイクリング・イン鮫川&古殿は9日、鮫川村保健センター駐車場を発着点に行われ、リオ五輪に出場した古殿町出身の自転車選手の窪木一茂選手(学法石川高卒)らと参加者が阿武隈地域の自然を楽しみながら自転車で走った。

 地域の魅力を発信して観光誘客につなげようと、県阿武隈地域振興協議会が企画。窪木選手と、プロロードレース選手の大久保陣選手をゲストに迎えた。約60人が参加し、同村と古殿町を巡る約70キロのコースを走った。

 ゴール後は同センターで昼食会と交流会も開かれ、窪木選手、大久保選手と参加者が、地元産食材をふんだんに使った料理を味わいながら親睦を深めた。