ストリートピアノでつなぐ『花は咲く』 高校生伴奏、心一つに

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
声を合わせて復興支援ソング「花は咲く」を歌う来場者=郡山市・うすい百貨店

 誰でも自由に弾ける「ストリートピアノ」のつながりを生かしたコンサートが11日、郡山市のうすい百貨店など全国20カ所で開かれ、来場者がピアノを通して復興への思いを一つにした。

 同百貨店では、来場者が黙とうの後、内海結貴弥(ゆきや)さん(尚志高単位制・通信制課程3年)によるピアノの伴奏で「ふるさと」と、復興支援ソング「花は咲く」を合唱した。同じ被災地の南三陸さんさん商店街(宮城県南三陸町)、大船渡防災観光交流センター(岩手県大船渡市)と同時刻に行うコンサートも開かれた。

 郡山市のゆるキャラによる「がくとくんバンド」の演奏で、同市出身のシンガーMITCH―MAN(ミッチマン)さんらがライブを行った。

 白河では民ら合唱

 白河市の白河文化交流館コミネスで11日、震災復興音楽祭が開かれた。市民らが音楽などを通じて震災による犠牲者に祈りをささげ、復興への思いを新たにした。

 市内の音楽関係36団体から400人以上が参加し、演奏や演舞を披露。市、県職員、市民合唱団が復興支援ソング「花は咲く」を合唱し、心を一つにした。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

【 参院選ニュース一覧 】 福島選挙区に「3人」立候補