「伊藤若冲展」PR看板お目見え 3月26日から福島県立美術館

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
県立美術館に設置された若冲展の看板

 江戸時代の画家伊藤若冲(じゃくちゅう)(1716~1800年)の名画をそろえた「東日本大震災復興祈念 伊藤若冲展」(26日~5月6日)の開幕が近づき、会場となる福島市の県立美術館にPR看板がお目見えした。

 看板には「蓮池図」「象と鯨図屏風(びょうぶ)」「百犬図」がプリントされており、奇想の天才技巧派絵師の魅力を大々的にPRしている。開幕直前には美術館前の並木通りにのぼり旗が立てられる予定。

 発売中の前売り券(税込み)は一般1300円、学生900円、高校生以下無料。県立美術館や各プレイガイドのほか、福島民友新聞社本社、郡山総支社、いわき支社、若松支社、福島民友新聞各販売店などで扱っている。

 会期中は月曜日休館。4月29日、5月6日は開館する。福島民友新聞社などでつくる実行委員会の主催。

 問い合わせは県立美術館(電話024・531・5511)か公式ホームページ(https://jakuchu.org/)へ。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

【 参院選ニュース一覧 】 福島選挙区に「3人」立候補