福島日産自動車、サティオ福島を吸収合併 計56店舗は当面維持

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
合併する福島日産自動車と日産サティオ福島の本社=福島市北町

 自動車販売の福島日産自動車(福島市)は12日、日産サティオ福島(同市)を4月1日付で吸収合併すると発表した。社名は「福島日産自動車」に一本化する。

 両社の計56店舗は当面維持する方針。日産が先行販売する電気自動車の需要が高まる中、合併することで競争力を高める狙い。

 両社社長の金子與志人氏(52)が合併後も社長を務める。従業員数は計707人となる予定。同市で11日開かれた両社の臨時株主総会で、合併が承認された。役員は福島日産自動車の現役員にサティオの常務執行役員2人を加えた10人体制となる。

 金子社長、金子與志幸取締役経営企画室長が12日、合併説明のため福島民友新聞社を訪れた。

 金子社長は「お客さまの利便性を高め、生き残るために合併を決めた。他社メーカーが電気自動車を出してから手を打ったのでは遅い。しっかり一本化して迎え撃ちたい」と述べた。