子どもが作る希望の光 棚倉で「福幸キャンドルナイト」

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
HOPEの文字、折り鶴の形に並べられたキャンドルアート

 福幸(ふっこう)キャンドルナイトは10日、福島県棚倉町の棚倉城跡周辺で開かれ、子どもらが東日本大震災からの復興を願って並べたキャンドルの光が幻想的な雰囲気を演出した。まち工房たなぐら、町商工会などでつくる実行委の主催。

 棚倉中の生徒が「希望の光」をテーマにキャンドルアートを担当した。希望を意味する英語「HOPE」と、折り鶴の形にキャンドルを並べた。キャンドルホルダーは、幼稚園児、保育園児、小、中学生に事前に制作を依頼。子どもたちが復興への思いなどを書き入れた。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

【 選挙速報 】第25回参議院議員選挙・福島選挙区