「あぶくま高原道路」無料措置1年延長 原発事故の自主避難世帯

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 県と県道路公社は13日、原発事故を受けて自主避難し、親子が離れて暮らすなど二重生活を強いられている世帯について、あぶくま高原道路の無料措置を来年3月末まで1年間延長すると発表した。矢吹中央―玉川インターチェンジ間の有料区間が無料になる。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

【 参院選ニュース一覧 】 福島選挙区に「3人」立候補