災害時を想定、対応力磨く 若松消防本部で現場指揮の机上訓練

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
訓練で情報収集を行う職員ら

 会津若松地方消防本部は12日、会津若松市のピカリンホールで火災などの災害時を想定した警防机上訓練を実施、現場指揮本部の活動要領を再確認した。

 状況が刻々と変化する災害の現場では指揮者の役割が重要となることから、対応能力を磨こうと実施。各消防署や分署、出張所から隊長クラスが参加した。

 訓練では、現場の様子の写真などが示され、情報を記録する紙に収集した情報を記入して状況を正しく把握しながら、人命救助を最優先にした指揮を行った。想定を変えながら、緊張感あふれる訓練が繰り返し実施された。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

【 参院選ニュース一覧 】 福島選挙区に「3人」立候補