総務部長・野崎氏、税務部長・鈴木氏が有力 郡山市人事固まる

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 郡山市の今春の定期人事異動は15日までに、部長級ポストが固まった。定年退職で空席となる総務部長には野崎弘志教育総務部長が就く見通し。

 税務部長は鈴木弘幸会計管理者、市民部長は佐久間信博こども部長、教育総務部長は伊藤栄治議会事務局長の起用が有力。こども部長には国分義之税務部次長・市民税課長を昇格させるとみられるが、国分氏は税務部長に回る可能性もある。

 建設交通部長は若竹裕之建設交通部次長・建築課長、会計管理者は佐藤宏農林部次長・農業政策課長、議会事務局長は伊藤克彦議会事務局次長・総務議事課長がそれぞれ昇格して就任するとみられる。

 山本晃史政策開発部長、佐久間隆博財務部長、本田文男文化スポーツ部長、渡部義弘生活環境部長、遠藤広文保健福祉部長、永久保利弥農林部長、藤橋桂市産業観光部長、浜津佳秀都市整備部長、畠中秀樹上下水道局長は留任する見通し。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

【 参院選ニュース一覧 】 福島選挙区に「3人」立候補