わくわく新感覚ゲーム 会津若松で「デジタル未来アート展」開幕

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
「ドローンサーカス」を楽しむ来場者

 最先端のデジタル技術を生かした新感覚のゲームなどが楽しめる「デジタル未来アート展」は16日、会津若松市の会津稽古堂で開幕し、子どもたちのにぎやかな歓声が響いた。26日までで、入場無料。

 同展は、市や会津大、会津地域スマートシティ推進協議会などでつくるデジタル未来アート事業実行委員会の主催、市、市教委の共催。子どもたちに冬の遊び場を提供し、ICT(情報通信技術)への理解や関心を深めてもらおうと開かれている。

 今回が4回目で、会津大や、地元のICT関連企業が開発した「楽しみながら学べる」ゲームが「遊び場」と「学び場」に分かれて並んでいる。初日は開会式が行われた。来場者は、ドローンの動きをパソコンでプログラミングする「ドローンサーカス」などを楽しんでいる。同展は午前10時~午後6時。