葛尾の凍み餅どうぞ 出荷スタート、販路拡大目指す

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
葛尾の特産凍み餅。左は村キャラクター「しみちゃん」

 葛尾村の「ふるさとのおふくろフーズ」は凍(し)み餅の出荷を開始した。村特産を県内外にアピールする。今年は昨年の約1.25倍の出荷量を目指す。

 震災の影響で生産を休止していたが、再開にこぎ着けて今年で3年目。震災前の半分以上となる約5千連(1連12枚)の生産量にまで回復させた。同日は、スタッフが本年産凍み餅の初出荷作業に追われた。

 同村の復興交流館や福島市の県観光物産館、JA福島さくらの直売所などで販売する。今年はイオンモールいわき小名浜(いわき市)で初めて取り扱われるなど、販路を拡大させる。

 同社の松本智恵子さん(60)は「多くの人に注文いただいて感謝している。『お待たせしました』という気持ち」と話した。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

【 選挙速報 】第25回参議院議員選挙・福島選挙区