ロックバンド・ミナト、いわき総合高でミュージックビデオ撮影

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
いわき総合高で行われたミュージックビデオの撮影

 いわき総合高芸術・表現系列の生徒と同校演劇部員が新人ロックバンドMinato(ミナト)の新曲「ファンファーレ」のミュージックビデオ(MV)に出演した。出演した生徒は「卒業を前に最高の思い出になった」と喜んでいる。

 ミナトは、2017(平成29)年に次世代のアーティストを発掘する雑貨店ヴィレッジヴァンガード主催の雑貨大賞音楽部門で初代グランプリを受賞するなど、今後の活躍が期待される若手バンド。同曲のMV監督を務めるダンサー・振付師の木皮成さんが昨夏、同校演劇部の卒業公演の振り付けを担当した縁で、同校生徒の出演が実現した。

 撮影は2月8~24日に同校で行われ、今月1日に卒業した3年生を中心に約60人が出演した。卒業を前に転校の女子生徒のために同級生たちが手作りの卒業式をプレゼントするというストーリーで、ダンスを交えながら表現。同校を舞台に生徒たちの生き生きとした表情が印象的な作品に仕上がっている。

 主役の女子生徒役を務めた女子生徒(18)は「完成版を見たときは感動した。仲間や後輩たちが輝いているシーンをたくさんの人に見てもらいたい」と話し、「(卒業前に)高校生としての思い出を一つ増やすことができて、とてもうれしかった。このような機会を与えてくれ感謝している」と振り返った。

 MVは16日から動画投稿サイトユーチューブで公開されている。シングルCDは4月24日に発売。価格は500円(税別)。