キャラバンバス「500days号」福島県到着!東京五輪・パラPR

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
福島入りしたキャラバンバス=16日午前11時30分ごろ、福島市・JR福島駅東口前

 東京五輪・パラリンピックをPRするキャラバンバス「500days号」が本県に到着し、福島市などを巡回した。

 12日に都内でお披露目されたバスは大会マスコットの「ミライトワ」と「ソメイティ」が大きく目を引くデザイン。バスはJR福島駅東口前を2周した後、郡山市、いわき市などを走行しながら、500日を切った大会開幕をPRした。バスを見つけた通行人が立ち止まって写真を撮影したり、信号待ちの子どもが歓声を上げるなど注目を浴びていた。

 県内では18日までの3日間巡回する予定で、17日午後1時30分から約1時間、四季の里(福島市)で車内見学ができる。車内では五輪にまつわる情報を学べたり、クイズを楽しめたりするという。18日は猪苗代町、会津若松市、田村市などを巡回する。詳しいルートはキャラバンバスの特設ホームページに掲載されている。