武蔵野銀行も加入合意 東邦銀行などの地銀広域連携

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
基本合意の締結式

 東邦銀行や千葉銀行(千葉市)、第四銀行(新潟市)など地銀7行が加盟する広域連携「TSUBASA(ツバサ)アライアンス」に13日、武蔵野銀行(さいたま市)が加わった。加盟7行が同日、武蔵野銀行の加入に合意した。加盟行は8行となる。

 武蔵野銀行が2016(平成28)年3月、千葉銀行と包括業務提携を結んでいることから参加した。8行は金融と情報技術(IT)を融合させたサービス「フィンテック」や金融サービスの高度化など幅広い分野で連携を強化し、各行の収益増強やコスト圧縮につなげる。

 基本合意の締結式は同日、都内で行われた。東邦銀行の北村清士頭取らが出席した。