復興と元気発信 JR福島駅東口で未来願いゴスペルを合唱

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
来場者と出演者が一緒になったゴスペルの合唱

 福島市民有志でつくるLIVE!スマイルふくしま実行委員会は17日、同市のJR福島駅東口で震災復興イベントを開き、出演者が福島の明るい未来を願ってゴスペルを合唱した。

 音楽を通して福島の復興と元気を世界に発信することを目的に毎年行っている。市内を中心に活動する6組のアーティストが出演した。

 特設ブースでは、県産の農産品や手作りの木工品などを販売した。

 フィナーレでは、出演したアーティストや来場者が一緒にゴスペル曲「Oh!HappyDay」を熱唱した。このほか、「福島わらじまつり」の総合プロデュースを手掛ける福島市ゆかりの音楽家、大友良英さんのトークショーも行われた。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

【 参院選ニュース一覧 】 福島選挙区に「3人」立候補