「初発神社」の再建祝う 浪江で竣工祭、男神楽を奉納

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
再建した神社前で奉納された男神楽

 東日本大震災で損壊し、再建した浪江町北幾世橋の初発(しょはつ)神社の竣工(しゅんこう)祭が17日、現地で行われた。参列者は神社再建を祝うとともに町の復興を願った。

 神事の後、田村友正宮司が「古里浪江町の復興の一助となるべく、まい進していきたい」とあいさつ。引き続き、境内で幾世橋芸能保存会が男神楽を奉納し、花を添えた。このほか縁日や雅楽演奏のステージなどが行われ、来場者でにぎわった。

 神社は県の助成や氏子の協力を受け、昨年6月に改修工事に着手、同12月に完成した。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

【 参院選ニュース一覧 】 福島選挙区に「3人」立候補