「元号変わると使えず」カードと100万円被害 いわきの80代女性

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 いわき市の80代女性が「元号が変わると使えなくなる」との電話を信じてキャッシュカードをだまし取られ、少なくとも100万円を引き出される被害に遭っていたことが18日、いわき中央署への取材で分かった。同署は「なりすまし詐欺」事件として調べている。

 同署によると、同日昼ごろ、女性方に電話があり「ホケン課のワタナベ」を名乗る男が「後期高齢者保険の払戻金がある」などと話した。話を信じた女性は同日午後1時ごろ、自宅を訪れた男に本人と夫名義のカード3枚を渡し、暗証番号を伝えたという。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

【 参院選ニュース一覧 】 福島選挙区に「3人」立候補