「借金返済のため...」 公金窃盗容疑の須賀川市職員、懲戒免職へ

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 須賀川市環境課が保管していた公金など28万7500円を盗んだとして、盗みの疑いで須賀川署に逮捕された同市、同市環境課主事、容疑者男(25)が「借金返済のため盗んだ」と供述していることが18日、捜査関係者への取材で分かった。

 捜査関係者によると、容疑者は複数の知人らから借金をしていたとみられる。同署は18日、容疑者を送検した。

 容疑者の逮捕を受け、須賀川市は18日、市役所で会見し、事実関係を確認した上で容疑者を懲戒免職処分とする方針を示した。市によると、容疑者は主に家庭ごみや墓地に関する業務を担当。公金の管理は別の職員が行っていた。事件前後も特に変わった様子はなかったという。