ブロック塀を板塀化へ 若松でワークショップ、歴史ある景観づくり

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
会津若松市栄町で板塀化に汗を流す参加者

 会津若松市のまちなか賑わいづくりプロジェクト実行委員会(会長・渋川恵男会津若松商工会議所会頭)は16日、同市栄町のあいづ学習塾脇でまちなか景観づくり事業(通りの修景整備事業)のワークショップを行い、歴史ある街並みにマッチした板塀を設置した。

 同実行委は、「歴史ある街並みや小路を活(い)かした、歩いて楽しめる回遊性のある街」の実現を目指し、ブロック塀などの板塀化を市民協働で進めている。

 同日は県建築士会会津支部(吉田誠一支部長)の指導を受けながら作業を進めた。

 市役所通り商店街振興組合(長谷川登理事長)や神明通り商店街振興組合(堂平義忠理事長)などから約20人が参加した。約13メートルの板塀にペンキを塗って和風の板塀に仕上げた。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

【 参院選ニュース一覧 】 福島選挙区に「3人」立候補