路線バスに79歳女性はねられ死亡 若松駅バスロータリーで事故

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 20日午前11時15分ごろ、会津若松市駅前町のJR会津若松駅バスロータリーで、福島市、女性(79)が路線バスにはねられた。女性は腹部を強く打ち、病院に運ばれたが、約2時間20分後に死亡した。バスの乗客15人とバスを運転していた会津若松市、バス運転手、男性(63)にけがはなかった。

 会津若松署によると、女性は発車時刻に合わせて発進した直後のバスの正面部分と衝突した。同署は女性はバスの運転席から見えにくい場所にいた可能性があるとみている。同署が原因を調べている。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

【 参院選ニュース一覧 】 福島選挙区に「3人」立候補