イチロー引退...日米通算4367安打 福島県内ファンから惜しむ声

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
イチロー外野手のプレーに熱い視線を送るファンら=福島市・スポーツバーファントム

 米大リーグ、マリナーズは21日、日米通算4367安打を放った大打者、イチロー外野手(45)=本名鈴木一朗=の現役引退を発表した。大リーグ通算成績は3089安打の打率3割1分1厘、117本塁打、780打点。日本では通算1278安打の打率3割5分3厘、118本塁打、529打点、199盗塁の成績を残した。

 県内でもイチロー外野手の引退を惜しむ声が聞かれた。福島市のスポーツバーファントムではイチロー外野手が出場した東京ドームのアスレチックス―マリナーズ戦のテレビ中継を見つめるファンの姿が見られた。

 同市の会社員、男性(41)は「本人が限界までやった結果」とねぎらい、「イチロー選手らしく枠にとらわれず新しい視点で野球を盛り上げてほしい」と語った。テレビをじっと見つめていた男子大学生は「WBCの試合が忘れられない。福島では東京五輪の野球が行われる。これからは日本の野球の盛り上げに携わってほしい」と今後の活躍を期待した。