威勢よく米俵積んだ『木舟』引き合う 磐梯・舟引き祭りと巫女舞

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
米俵を積んだ木舟を威勢よく引き合った「舟引き祭り」=21日午後、磐梯町・磐梯神社

 春分の日の21日、磐梯町の磐梯神社で県指定重要無形民俗文化財の「舟引き祭りと巫女(みこ)舞」が行われた。住民が米俵を積んだ木舟を威勢よく揺らしながら東西に引き合い、今年は東が勝って「豊作」と占った。

 舟引きは、野良着姿の住民が東西に分かれて米俵3俵を積んだ飯舟(いいふね)と呼ばれる木舟を引き合い、東が勝てば豊作、西が勝てばコメの値が上がるとされる。今年は2勝1敗で東に軍配が上がった。

 舟引きに先立って、社殿内で巫女舞が奉納され、笛や太鼓に合わせて地域の子どもたちが三つの舞を披露した。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

【 参院選ニュース一覧 】 福島選挙区に「3人」立候補