いわき明星大『最後の卒業生』 学位記授与、131人新たな一歩

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
学位記を受ける山崎さん(左)

 いわき明星大は21日、いわき市の同大で学位記授与式を行った。学部卒業生129人、大学院修士課程修了生2人の計131人が新たな一歩を踏み出した。

 4月から医療系総合大と校名を変更して医療創生大となるため「いわき明星」で最後の授与式となった。教養学部が最多の84人、薬学部33人、人文学部9人、科学技術学部3人、大学院人文学研究科2人が卒業した。

 山崎洋次学長が山崎郁麻さん(教養学部地域教養学科)ら各学部などの総代に学位記を授与し「本学で生きる力を身に付けたと思う。競争を通して自分の長所を見つけ、強みにしていって」と告辞を述べた。

 卒業生を代表して、雨宮環さん(同)が「いわき明星大最後の卒業生として、誇りを持って精進していく」と答辞を述べた。