花は咲く鶴ケ城「はるか2019」開幕 天守閣で森公美子さん熱唱

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
「花は咲く」を歌った森公美子さん

 会津若松市の鶴ケ城を映像で彩るプロジェクションマッピングイベント「はるか2019 戊辰の風 花の雲~森公美子と歌う『花は咲く』」が21日、同所で開幕した。戊辰戦争を戦い、苦難の時代を生きた侍の不屈の精神が映像でよみがえった。23日まで。

 戊辰戦争で勇ましく戦う侍のシルエットや、会津藩の「白虎隊」「朱雀隊」などの語源となった四神をモチーフにした映像作品が音楽とともに天守閣の白壁に映し出された。天守閣最上階で歌手の森公美子さんが歌う中、桜の花吹雪の映像が投影された。森さんは出演前に報道陣の取材に応じ、「心の復興ができていないように思える。震災からまだ8年という気持ちでいっぱい。皆さんの心に花が咲くように歌いたい」と語った。

 22、23の両日は午後6時30分、同7時15分、同8時、同8時45分からの計4回。チケットは専用サイトで受け付け中。一部の時間帯では当日券もある。問い合わせは市観光課へ。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

【 参院選ニュース一覧 】 福島選挙区に「3人」立候補