福島県と文教大が連携 Uターン・Iターン就職支援へ協定

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
協定書を取り交わす内堀知事(右)と近藤学長

 県は22日、本県への学生のUターン・Iターン就職を促進するため、文教大と学生の就職支援に関する協定を結んだ。県が同協定を結ぶのは24大学目。

 埼玉県や神奈川県にキャンパスを持つ同大の合同企業説明会への参加や県施策の紹介、学生・保護者への県内企業に関する情報の周知など、学生の就職支援で連携する。

 県庁での調印式で、内堀雅雄知事と近藤研至学長が協定書を取り交わした。内堀知事は「人材育成に成果を上げる文教大と連携できたことをうれしく思う」とあいさつ、近藤学長は「福島を育て、文教大の学生を育てる一歩になる」と話した。