造成工事の安全祈る 二本松・長命工業団地

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
無事完工を願い、くわ入れする三保市長

 長命工業団地造成工事の安全祈願祭は22日までに、二本松市の杉田住民センター体育室で開かれた。関係者が無事完工を願った。

 神事で三保恵一市長、工事を進める丸中・福島アスコン特定建設工事共同企業体代表構成員丸中建設の遊佐憲雄社長らがくわ入れし、玉串をささげた。

 三保市長は「二本松の新しい歴史の一ページを開く事業が始まり、喜ばしい。地域振興に生かしたい」とあいさつした。

 敷地面積は約9ヘクタールで、工場用地や公園、防災調整池などが整備される。工期は来年1月までの予定。