事故ゼロへ路面対策 福島・国道13号、カラー化やドットライン

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
直進車線の路面カラー化などの改善が施された国道13号の「飯坂町平野交差点」

 国土交通省福島河川国道事務所は、事故危険区間に交通安全対策を講じる「事故ゼロプラン」(事故危険区間重点解消作戦)に基づき、事故原因に即した対策を進めている。福島市の国道13号では、福島飯坂インターチェンジ(IC)周辺の2交差点で対策を進めており、本年度中に完了する。

 同IC周辺は交差点が多く、追突や右折時事故が多数発生していることから、2交差点のうち「飯坂町平野交差点」には直進車線の路面カラー化やカラードットラインの設置などを実施。「飯坂町久根際交差点(仮)」には交差点隅切りの明示、右折車線のカラー化、停止線の位置を合わせた。

 同事務所はこれまで「福島北警察署入口交差点」など4交差点に路面の表示改善やカラー化などを施し、事故発生件数をほぼ半減させた。同IC周辺では2008(平成20)~11年まで年平均約40件の交通死傷事故が起きたが、16、17年は年平均約21件に減っている。

 同事務所は「事故ゼロを目指し交通安全事業を進める」とした。