幸楽苑「びょんびょんらーめん」再現 盛り付け体験できる付録

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
小学館「幼稚園」4月号の付録「びょんびょんらーめん」

 幸楽苑ホールディングス(HD、郡山市)がコラボレーションした小学館「幼稚園」4月号の付録「びょんびょんらーめん」がインターネットなどで話題を呼んでいる。これを受け、同HDは31日まで、全国512店舗で「びょんびょんらーめん」を再現した商品を提供している。

 びょんびょんらーめんは、幸楽苑のラーメン商品の盛り付けを体験できる付録。どんぶりやスープなどのパーツを組み立てた後、麺を持ち上げて宙に浮かんだ箸が麺を上下させている間に、トングで具を乗せてラーメンを完成させる仕組み。機械音を立てながら箸が麺を上下させる構造や、子ども向け雑誌の付録ながら具などの食材が細部まで本物そっくりに作られている点などが受け、ツイッターなどで話題になっている。

 同HDは「びょんびょんらーめん」を実際に作って食べてもらおうと、限定商品「かつお・煮干だしの和風らーめん」を19日に発売。具材を別皿で提供し自由に盛り付けて食べられる。価格は税込み529円。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

【 参院選ニュース一覧 】 福島選挙区に「3人」立候補