タコライス矢吹の味「レシピ帖」完成 地元産トマト、コメ使用

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
本田さん(左)とタコライスを調理する親子ら

 矢吹町の優れた家庭料理を紹介する「やぶきごはんレシピ帖」の完成記念イベントが24日、同町のやぶき観光案内所で行われた。参加者が料理家の本田よう一さん考案の矢吹オリジナルレシピ「タコライス」に挑戦した。

 オリジナルタコライスは同町産のトマトをはじめ、水菜、みそ、料理酒に使用する大木大吉本店の日本酒など矢吹の魅力を詰め込んだ一品。同町の県農業総合センター農業短期大学校も同校で収穫したコメの提供で協力した。

 イベント会場では、参加した親子らが本田さんから助言を受けながら、具材をホットプレートで調理し、楽しい時間を過ごした。

 移住定住促進協が設立

 記念イベントを前に、やぶき移住定住促進協議会の設立総会が開かれた。新年度に、SNSやフリーペーパーによる同団体のPRや、農業体験、料理作り交流会を行うことを決めた。

 同団体は会員や支援団体などを募集している。問い合わせは町産業振興課内事務局へ。