新年度CMも「TOKIO」 福島県産農産物イメージアップ

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 福島県は26日までに、新年度に放映する県産農産物イメージアップCMに、人気グループ「TOKIO」を引き続き起用する方針を固めた。県は「インパクトとユニークな要素があり、話題性のあるCMとしたい」としている。

 県によると、TOKIOを起用した本年度CMは、CM総合研究所の好感度調査で全2890作品中286位となり、ヒットCMとなった。

 県は新年度、20~40代主婦ら若い女性をターゲットとし、印象の残るCMを放映する予定。青果物や米をPRする内容で首都圏や関西、北海道など県外での放映量を増やす方針。