民謡や舞踊練習成果 飯坂町芸能協会、14団体交流会

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
稽古の成果を披露する出演者

 飯坂町芸能協会の「春の芸能交流会」は24日、福島市飯坂町の摺上亭大鳥で開かれ、出演者が自慢の芸を披露し合った。

 日ごろの稽古の成果を披露し、互いの芸を高め合おうと、毎年開催している。協会加盟の14団体から約80人が出演した。

 ステージでは、民謡や舞踊、詩吟、フラダンス、カラオケなど、多彩なジャンルの54演目が繰り広げられた。民謡「飯坂小唄」を全員で合唱するなどして親睦を深め、さらなる飛躍を誓い合った。