「来て、見て、花見山」30日開幕セレモニー 周辺で交通規制

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
花見山のシーズン到来をPRする(右から)菅野広男会長、菅野紀子会長

 福島市の花の名所、花見山の春の観光シーズン幕開けを告げるオープニングセレモニーは30日午前11時から、同市の花見山公園で行われる。周辺は同日から4月21日まで交通規制が敷かれる。

 今年は花見山公園の開園60周年を記念した花アートを設置したほか、県立美術館で開催中の「伊藤若冲展」と花見山を結ぶ定額タクシーの運行、市内の花観光スポットの見ごろ状況の発信など、より同市の観光スポットと連携して楽しめるようになっている。今年の花見山は例年より早めに花の開花が進んでおり、4月上旬には見ごろを迎える見込み。花見山を紹介する「ふくしま花案内人」はすでに活動を開始しており、5月6日まで毎日現地で案内を行う。

 花見山観光振興協議会の菅野広男会長と同案内人の菅野紀子会長は26日、福島民友新聞社を訪れ「『心のふるさと』の情景が残る美しい花見山をもっと多くの人に見てほしい」とPRした。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

【 参院選ニュース一覧 】 福島選挙区に「3人」立候補