「アプリでタクシー」配車開始 郡山で外国人旅行者の拡大狙う

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
配車サービス開始をアピールするホワイト氏(左)と西條社長

 西条タクシーグループ(郡山市)と配車サービスのウーバージャパン(東京都)は27日、アプリを使ったタクシーの配車サービスを始めた。グループ会社の西条、郡山、熱海、采女4社の92台で利用が可能。世界64カ国に広がるサービスの導入で、外国人旅行者の利用拡大を目指す。

 アプリで乗車・降車の位置を指定して依頼すると近くの車両が配車され、車両の現在地や想定料金、到着予定時刻などを事前に確認できる。クレジットカード決済のみの対応。

 ウーバージャパンのサービス導入は国内で5都市目。サービス開始記念として27日~4月26日に、2回目までの乗車が合計で最大2000円無料となるキャンペーンを行う。

 西條勝昭社長と、ウーバージャパンモビリティ事業ゼネラルマネージャーのトム・ホワイト氏が記者会見し、西條社長は「サービス開始で外国人のさらなる誘客につなげたい」、ホワイト氏は「新たな移動手段の選択肢として愛用されるよう努める」と話した。