『宝塚』合格!東日大昌平高・五味渕さん 福島県から5年ぶり

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 兵庫県宝塚市の宝塚音楽学校(小林公一校長)は28日、今春の入学試験の合格者40人を発表した。本県からは難関を突破し、五味渕由芽(ゆめ)さん(東日大昌平高3年)が合格した。

 本県からの合格者は郡山市出身の雪組・琥白(こはく)れいらさん以来5年ぶり。受験したのは915人で倍率は22.9倍。難関を突破して107期生となり、宝塚歌劇団のスターを目指し2年間にわたる教育を受ける。

 午前10時、二つ折りになっていた掲示板を在校生が開き、合格者の受験番号が掲示された。「あった」「やったー」と次々に歓声が上がり、家族や友人と抱き合う姿も。

 入試は1次から3次まであり、面接や歌唱、ダンスを通じて資質を判断。合格者は4月18日に入学式を迎え、タカラジェンヌとして舞台に立つため歩みだすことになる。