福島駅構内『ピンク色』染まる モモの花で歓迎...近づく春感じ

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
新幹線改札口内に設置され、利用客を出迎えるモモの花=28日午後、JR福島駅

 福島市のJR福島駅構内で28日、モモの花の鉢植え展示が始まった。ピンク色に染まった花は既に満開で本県を訪れた人たちを楽しませている。

 一足早い春の訪れを感じてもらおうという県くだもの消費拡大委員会による取り組み。県産モモの主力品種「あかつき」の鉢植えを新幹線のコンコースと駅の東西通路に飾った。同市飯坂町で果樹栽培を営む畠直七さんが栽培したモモの木で、加温して通常よりも早く開花させている。

 駅の利用者は足を止め、近づく春を感じていた。展示は4月12日までの予定。