高齢者支援へ協議会 いわきのNPO設立、入居や葬儀管理

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 福島県いわき市で地域包括支援センターの運営などを行っているNPO法人地域福祉ネットワークいわき(いわき市)は、身寄りのない高齢者の支援に向けて「入居・入所・葬送等支援事業推進協議会」を設立した。

 不動産や葬祭業者、宗教法人などと連携して高齢者の民間アパートへの入居や葬儀、埋葬の実施、墓地管理などをする事業を4月1日から開始する。

 同NPOによると、身寄りのない高齢者の支援事業を手掛ける協議会の設立は全国で初めてという。具体的には、同NPOが対象者の連帯保証人や身元引受人となり、協議会の会員企業、団体が運営するアパートや施設を紹介するほかに、対象者の意思を尊重した終末期を送れるように支援する。

 賛同を得られた事業者と団体のほか、企業や個人から寄付を募り、事業を進める方針だ。