「海釣り公園」4月19日オープン 新地・相馬港5号ふ頭に整備

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
4月19日に開園する海釣り公園(新地町提供)

 新地町が復旧を進めていた相馬港5号ふ頭の「町海釣り公園」は4月19日、オープンする。町が30日までに開設概要を決めた。東日本大震災で失われた町の観光資源としての役割が期待される。海釣り公園は2009(平成21)年4月、相馬共同火力新地発電所の温排水に魚が集まるなど良好な釣り場として知られる5号ふ頭に開園され、多くの釣り客でにぎわっていた。しかし、震災の津波で防波堤や管理棟などが被災し町が復旧を進めていた。

 運営は町観光協会が行う。震災前より釣りデッキを約60メートル延ばし、入場定員数を25人から41人に増やした。町は「今後開設する釣師浜海水浴場や防災緑地、駅前開発と合わせ交流人口拡大に期待したい」としている。

 時間は午前9時~午後6時で午前、午後の入れ替え制。利用料は半日で高校生以上1000円、小学4年生以上700円。