飯坂線・7000系...31日『最後の雄姿』 福島-飯坂温泉間運行

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
「おせわになりました」と書かれたヘッドマークを付けて走る7000系車両=30日午前、福島市・飯坂線

 新型車両への切り替えで廃車となる福島交通飯坂線7000系の最後の2両の運行が30日、福島市の福島―飯坂温泉間で始まった。「おせわになりました」などの文言をあしらった特製ヘッドマークを掲げ、31日まで走る。

 7000系は日本初のオールステンレスカー。飯坂線には1991(平成3)年に導入され、通勤・通学のラッシュ時を中心に市民や観光客を運んできた。老朽化に伴い同社が進めてきた新型1000系車両への更新が完了したため、7000系は今回のラストランで営業運転から退く。

 30日の沿線には、7000系車両の姿をカメラに収めようとする鉄道ファンの姿が目立った。美術館図書館前駅近くで飯坂線を撮影していた福島市の会社員、男性(30)は「残念な気持ちはあるが、きょう(7000系車両の)最後の姿を見られて良かった」と話した。

 31日午後1時からは福島交通桜水車両基地で「さよなら撮影会」が開かれる。