土湯温泉PRブースをリニューアル 福島駅西口新幹線改札内

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
あづま球場のパネルが目を引くPRブース

 春の観光シーズンを前に、土湯温泉観光協会は3月29日、福島市のJR福島駅西口新幹線改札内のPRブースをリニューアルした。

 2020年東京五輪で野球・ソフトボール競技の一部試合が行われる、あづま球場のパネルをメインにデザイン。スタンド代わりの風呂おけに同温泉はじめ、周辺観光地のパンフレットなどを設置している。

 マスコットキャラクター「きぼっこちゃん」やご当地キャラ「ゆパッチー」の人形も置かれ、かわいらしく観光客らを出迎えている。

 同協会の池田和也事務局長は「2020年に向けて歓迎ムードを盛り上げられれば」と話している。