白河・関山山開き なすびさんら餅まき、トークやライブも

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
関山の山開きで行われた餅まき

 白河市の関山(619メートル)で31日行われた山開きでは、タレントのなすびさんやシンガー・ソングライターのLaugh(ラフ)さんが登山開始前、関辺市民体育館前でトークやライブを繰り広げ、参加者を歓迎した。

 なすびさんはエベレスト登頂までのエピソードなどを紹介した。今後は、本県の現状について誤解のないように情報発信し「東北の笑顔を増やしたい」と語った。

 また同市での活動範囲を広げているLaughさんは持ち歌の「シラカワンダフル!」などを熱唱した。

 山開き式典では根本喜春実行委員長が「これからも健康づくりを兼ねて登山し、山を愛してください」とあいさつした。なすびさんやLaughさん、鈴木和夫市長らによる餅まきでは登山客が懸命に手を伸ばしていた。