「新元号」4月1日公表 福島県で期待高まる予想キャンペーン

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
パレスいわやで行われた新元号の予想キャンペーン

 政府は4月1日、「平成」に代わる新元号を決定する。有識者懇談会や全閣僚会議などを経て、菅義偉官房長官が午前11時半ごろに発表。続いて安倍晋三首相が正午ごろに記者会見し、談話を公表する。

 県内でも、1日に発表される新元号への期待が高まっている。いわき市鹿島町の結婚式場「パレスいわや」は31日までの2日間、新たな時代での結婚を考えるカップルを対象にした「新元号予想キャンペーン」を実施。来館者が未来に思いをはせながら新元号を予想した。

 来年の挙式を目指し、31日に来館した福島市と会津若松市の公務員カップルは「昭和と平成生まれでの挙式。子どもができれば三つの年号がそろう」と笑顔。「福島や日本の人たちが平和で安心して生きられるように」との願いを込め「安久」と予想した。

 キャンペーンは、申込者に新元号を予想してもらい、的中文字数に合わせて追加特典を受けることができる内容。企画した婚礼セールスサブマネジャーの金賀功良子さん(40)は「新元号の発表をみんなで楽しみにしたい」と話した。