桜カラーに染まる火力発煙突 30日「天皇退位日」限定カラー

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
桜カラーで彩られた煙突

 いわき市佐糠町の常磐共同火力勿来発電所にある、高さ200メートルの煙突が29日まで、春を告げる桜カラーで彩られている。天皇陛下が退位される30日は、1日限定で「天皇退位日」カラーで照らされる。

 4月のデザインの桜カラーは、青、緑、黄、ピンク、赤、白と徐々に変化。桜の木が育ち、花が咲いて舞い散る様子が表現されている。福島高専生がデザインを考案した。ライトアップの時間は午後6時~同10時。