若冲展帰りに昔懐かしい「甘食パン」 県立美術館から徒歩2分

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
人気を集めている甘食パン=福島市・甘食専門店「結」

 休館日明けの2日もにぎわった「東日本大震災復興祈念 伊藤若冲(じゃくちゅう)展」を開催中の県立美術館(福島市)から福島駅方面に徒歩約2分。昔懐かしい甘食パンを楽しめる甘食専門店「結(ゆわえ)」があり、人気を集めている。

 同店は昨年11月にオープン。運営するデミアン(同)によると全国初の甘食専門店で、東京を中心とした物産展で1日1000個以上を売り上げたという。甘食の種類は、プレーン(税別130円)黒糖(同150円)抹茶(同180円)など。

 同店の住所は福島市森合字台7の1。営業時間は午前9時30分~午後6時。不定休だが、若冲展の開催期間は県立美術館と同じ毎週月曜休み(29日と5月6日は営業)。