花がさ少女らが伝統の舞「南須釜の念仏踊り」 玉川村・東福寺

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
鮮やかな衣装で伝統の舞を奉納する少女ら=3日、玉川村・東福寺

 玉川村の伝統行事「南須釜の念仏踊り」は3日、同村南須釜の東福寺で行われ、色鮮やかな着物姿の少女たちが優雅な舞を奉納した。

 江戸時代から受け継がれている民俗芸能で、県重要無形文化財。毎年4月3日と8月14日に披露されている。花がさをかぶった少女12人が扇子や綾竹を手に12曲の踊りを繰り広げた。境内には大勢の見物客が訪れ、春の風物詩を楽しんだ。