新メニューを開発 猪苗代・カフェルーク、郡女大短期大学部生

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
自分たちで考案したメニューをPRする学生たち

 猪苗代町のカフェ「CAFE LUKE(カフェルーク)」は6日、地元食材などを生かして郡山女子大短期大学部健康栄養学科のお弁当サークル「めばえ食堂」と共同開発した新メニューを発売した。

 新発売したのは、温めたバナナにカラメルをからめた「80℃焼きバナナ」(税込み450円)や、「季節のフルーツパイ」(同550円)、「パンプキンプリン」(同650円)と、マシュマロをトッピングしたドリンク「ホットチョコラータ」(同550円)の4品。新メニューは栄養士などを目指す学生が考案した10品から選んだ。清水かりんさんは「おいしいものを食べてリフレッシュしてほしい」と話した。

 同カフェは今後も、同サークルの学生と季節ごとにコラボメニューを開発し、販売する予定。営業時間は午前11時30分~午後4時。不定休。問い合わせ先はレイクサイド磐光へ。